延期されていた7月分のコミュニティデイおわりました[反省点]

延期されていたコミュニティデイ、フリーザーデイおわりました[反省点]

まずはじめに西日本豪雨によりお亡くなりになられた方々にご冥福をお祈りするとともにご遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。

西日本豪雨によって延期されていた7月分のコミュニティデイとフリーザーデイが終わりました。

田舎ではやはり厳しかった

フリーザーデイの開催時間が6時間もあり人がばらけてしまいフリーザーレイドに人が集まりずらくなっていました。人が少ない田舎ではやはり厳しい状況になりました。田舎ではイオン一極集中がますます進みそうです。

色違いフリーザーが出る確率が減った

ツイッターをみると前回のサンダーデイと比べて色違いフリーザーが出る確率が減ったようです。10%から5%に低下していたようです。私も10回レイドをやりましたが色違いフリーザーをゲットすることはできませんでした。開催時間が2倍の6時間あるからといって確率を減らすのはどうかと思います。もらえる無料パスが2倍にならずに5枚のままなのですから確率を減らすべきではないですし、休憩時間や携帯の充電時間などをいれたら2倍の時間プレイすることはできません。

ナイアンティックにはもう少しユーザー目線で運営してほしい

イベント直前になってからころころ開催時間を変えられては前もって予定をたてていたユーザーはイベントに参加できません。また、イベント参加者は暑すぎて長時間プレイすることは不可能なのですから色違いがでる確率を減らすのはどうなんでしょうか。ユーザーはクーラーが効いた場所ではなく暑い場所でプレイしているのです。