lycamobileはハワイで使える。

lycamobileはハワイで使える安くてとてもいいプリペイドsimカードです。

日本のamazonで購入できます。実際にハワイで使用してきたので使用感やアクティベートのやり方を記事にしました。

追記

またまたlycamobileを使ってきたのでネットでのアクティベートのことやいろいろ情報を更新しました。

通信速度はどのくらいなのか、電波状況は?

速度は一番オアフ島で人がいるワイキキで人が多そうな午前8時半のダウンロードが3Mbpsぐらいでているので問題なかったです。

ワイキキの夕方5時に8Mbps出ていました。

ワイキキの夜の11時頃だと3Mbpsぐらいでした。

ワイキキの夜中の1時だと14Mbps出ていました。ほとんどの人が寝ているためでしょう。

アラモアナショッピングセンターの駐車場の分厚いコンクリートの下にいるときは圏外になることがありましたが、基本普通に使えます。空が見えているところではばっちり使えます。山奥ではきついです。オアフ島の一番最西端に行ったときは圏外になりました。私はVerizon回線のレンタルwifiも持っていきましたがどっちもどっちな電波状況でした。Verizon回線のレンタルwifiのみ圏外になったりT-mobile回線のlycamobileのみ圏外になるようなところなどいろいろありました。どちらにせよ、よっぽど田舎のほうにいかなければ普通に使用できます。

滞在中ポケモンGOは問題なくプレイ可能でした。

サイトから事前アクティベートが可能になった

事前にウェブサイトからアクティベートできるようになりました。やり方を書いておきます。公式サイトのhttps://www.lycamobile.us/en/activate-sim/から事前アクティベートできます。事前にネットからアクティベートをしておくことを強くお勧めします。滞在先の「ZIPCODE」、「ICCID」「PUK CODE」(SIMの台紙に記載)、「メールアドレス」などを入力し「CONTINUE」を押すと「1xxxxxxxxxSim Successfully Activated」(1xxx~は電話番号)と緑の文字が表示されアクティベート完了です。入力したメールアドレスにお知らせメールなどはありませんでした。※2019年1月現在

lycamobileの現地でのアクティベートのやり方

現地でのiPhoneでのlycamobileのアクティベートの仕方を書いておきます。

めんどくさいので事前にネットでアクティベートしたほうが良いです。

  1. 携帯の電源を切り携帯にSIMカードを入れておきましょう。飛行機の中でやっておくといいです。電源の切り方は電源ボタンをおしっぱです。SIMカードケースがあると便利です。
  2. 現地に着いたら携帯の電源をいれ622にダイヤルし現地のzipコード(ハワイなら96815)を入力し、最後に1を押します。音声案内は英語なので英語がわからない場合は音声は無視して書いてある通りに番号を押してください。
  3. 「設定」から「モバイル通信」、「通話のオプション」から「データローミング」をオンにしひとつ戻って「モバイルデータ通信ネットワーク」を押す。
  4. APNに「data.lycamobile.com」と入力、他は空欄で大丈夫でした。これでデータ通信ができるはずです。

622にダイヤルをしてzipコードを入力すると

30分後ぐらいに電話番号を知らせるメッセージが来ました。

旅行中lycamobileが大活躍してくれました。滞在中1,2回米本土から知らない番号でセールスや間違い電話などが掛かってきましたがそこは我慢しましょう。無視すれば大丈夫です。追加料金はかかりません。

simカードケース

simカードを入れ替えて日本のsimカードをなくすと大変なのでsimカードケースがあるといいです。

lycamobileのiPhoneの設定方法

simカードを購入すると説明書が付いてくるのでその通りにやるとできます。日本の回線用のAPNプロファイルをインストール済みの方は最初にアンインストールしてください。

私は機内でAPN設定をしました。手動で入力する場合は打ち間違えに注意してください。間違えると現地でつながりません。ネットで事前にアクティベートしている場合は正しく入力していれば現地について電源をオンにすればすべて利用可能になります。

simフリーのiphoneを持っているならプリペイドsimは海外wifiルータを借りるより安くてルータを持ち運ぶ必要がないのですごく良いです。レンタルwifiは常にルータを持ち運ばなければならないですし防水ではないので海などで壊してしまわないよう気を使います。プリペイドsimでしたら日本と同じように使用できます。

LINEの設定は何もしないでそのまま使用できます。

携帯の電話番号は変わってしまいます。番号は現地でアクティベートするまでわかりません。

※事前にネットでアクティベートした場合は電話番号が事前にわかります。

料金はいくらなのか

30日間1GBまで使えて1980円です。通話もし放題です。4GBまでで2295円のプランもあります。テザリングも追加料金なしでできます。ハワイだけでなくアメリカ本土でも使えます。一切追加料金はかかりません。

※料金は微妙に変動しているようです。

留学や長期出張にもおすすめ

lycamobileのプリペイドsimの有効期間が30日間なので留学や長期出張にもおすすめです。

wifiルータレンタルと比較してみます。

wifiルータレンタルだと8日間借りるとするとglobalwifiで7760になります。いろいろな割引を使えばもう少し安くなりますが高いです。

lycamobileだと30日間1GBで1980円です。

wifiルータレンタルを日本返却だと現地滞在時間+2日分(飛行機に乗っている時間)の料金がかかります。

現地返却だとレンタル期間が短くなるので安くなりますが飛行機を乗るまでの間にwifiを使えなくなってしまうので不便です。飛行機に乗るまでの暇つぶしができません。

T-mobileの電波に対応している端末が必要。

simフリー端末が必須になります。普段の携帯がiphoneならおすすめです。キャリアのiphoneをお持ちなら簡単にsimロック解除できます。キャリアごとに条件が違いますがだいたい購入から101日以降経過していればsimロック解除できます。

キャリアのandroid端末の場合はアメリカの電波に対応していないのでプリペイドsimはやめて海外wifiルータを借りたほうがいいです。型落ちのsimフリーiphoneを追加で買うのもありです。その場合はヤフオクがおすすめです。安く購入できます。端末はiphoneSEがおすすめです。状態の良いSIMフリーが2万円前後で売られています。

自分の携帯が対応しているかは

https://www.frequencycheck.com/

で調べることができます。機種名(galaxy s8など)ではなくモデル名(SC-02Jなど)を入れてください。iPhoneの人は対応しているので調べる必要はないです。※SIMフリーが必須

リスクを分散

もともと複数のwifiルータを借りる予定だった方は現地でもしも使えなかった場合に備えてリスクを分散させるためにwifiルータも1台借りておくと安全です。何度も繰り返しになりますがSIMフリーの端末かつ電波に対応していなければlycamobileは使用できません。

よくわからない人へ

よくわからない!という人はグローバルWiFiイモトのWiFiがおすすめです。設定はwifiのパスワードを入れるぐらいで使用できます。

もっと安いアメリカ用のsimカードについてはこちらの記事をどうぞ


スポンサーリンク
レスタングル(大)広告
レスタングル(大)広告

フォローしてくれるとうれしいです。

コメント

  1. kirakuni より:

    Sさんへメールの送信ができないためこちらのコメント欄に返信させていただきます。

    メールありがとうございます。

    ソフトバンクのアメリカ放題はキャンペーン中なら月980円で使えるようですね。私はドコモなので詳しくはわかりません申し訳ございません。JALパックの無料ルーターレンタルについては知りませんでした。JALパックの方はこのサービスを利用するのがおすすめですね。

    海外Simカードの利点は何といっても携帯1台だけあればいいというところにあります。携帯1台で濡れるなどのことを考えずに身軽に行動できます。余計な出費にはなってしまいますが保険のwifiルータを持ちつつ、お試しでlycamobileのsimカードを買って使ってみてはいかがでしょうか。

    海外限定ポケモンをたくさんゲットしちゃってください。