appleを名乗るフィッシングメールに注意

appleを名乗るフィッシングメールに注意

私のメールアドレスにappleを名乗る怪しいところからフィッシングメールが来ました。最悪の場合、パスワードやIDを盗まれてしまうので大変危険です。フィッシングメールについてまとめておきます。ちなみにappleには通報済みです。

メールのリンクを踏んではダメ

メールのリンクや添付ファイルを踏んでは絶対ダメです。最悪ウィルスに感染します。リンク先でIDやパスワードを入力しては絶対にダメです。

不安を煽ってくる

メールには不正なアクセスがあったなどと書かれていて「いますぐ確認してください」などと書かれています。リンクを踏ませようとしてきます。絶対にメールのリンクや添付ファイルは踏まないでください。

リンク先でパスワードやIDを入力させようとしてくる

リンク先では公式ページっぽい見た目のページが出てきてパスワードやIDを入力させようとしてきます。絶対に入力しないでください。

自分で公式ページを調べて本当に不正アクセスがあったのかを確認

自分でグーグルなどで検索して公式ページを調べてアクセスしログインして確認してください。絶対にメールのリンクを踏んで確認しようとしてはいけません。

フィッシングメールはよく見るとメールアドレスがおかしい

上の画像がフィッシングメールを送ってきたメールアドレスです。sumarypymentcreditcardas-acc〇〇○と怪しいアドレスでおかしいです。

そしてこれが本物のアップルからのメールです。appleマークがついていて差出人はapple.comです。ただしこれからもっとフィッシングメールが巧妙化してくることもあるのでこれだけで判断はできません。

フィッシングメールをappleに通報する方法

apple公式ページのhttps://support.apple.com/ja-jp/HT204759に方法が書かれています。

フィッシング詐欺やその他の疑わしいメッセージについて Apple に報告する

疑わしいメールについて報告するには、該当するメッセージを、ヘッダ情報を漏れなく添えて Apple に転送してください。メールを転送するには、macOS メールでは、メッセージを選択し、コンピュータ画面の上部にある「メッセージ」メニューから「添付ファイルとして転送」を選択します。

Apple では以下のメールアドレスにご報告いただいた内容をチェックしています。返信は差し上げない場合がありますので、ご了承ください。

  • Apple を装ったフィッシングメールを受信したと思う場合は、そのメッセージを reportphishing@apple.com に転送してください。
  • iCloud.com、me.com、または mac.com の受信ボックスに届いたスパムやその他の疑わしいメールについて報告するには、そのメッセージを abuse@icloud.com に転送してください。
  • iMessage で受け取ったスパムやその他の疑わしいメッセージについて報告するには、そのメッセージの下の「迷惑メールを報告」をタップしてください。

メールをそのまま転送しましょう。

最近では佐川や楽天、アマゾンなどを名乗る

最近では大手の通販サイトや佐川急便などを名乗ったショートメールによるフィッシングメールが流行っているようです。ご注意ください。

さいごに

今回のフィッシングメールはわかりやすかったですが、フィッシングメールはどんどん巧妙化しているので騙されやすくなっています。騙されないためにはリンクを踏まずに自分でグーグルなどで検索して公式ページを調べてアクセスしログインして不正アクセスがないか確認してください。メールのリンク先を踏んではだめです。